日大藤沢 3ラン2発!初回8点、コールドで夏2年ぶり白星

[ 2015年7月17日 15:29 ]

第97回全国高校野球選手権大会2回戦 日大藤沢15―3平塚湘風

(7月17日 保土ヶ谷)
 日大藤沢が初回から8点を奪い、6回コールドで平塚湘風を圧倒。2年ぶりに夏1勝を挙げた。

 初回、4番西川と1番亀井がそれぞれ3点本塁打を放つなど、打者11人の猛攻で8点を先取。4回にも犠飛と適時打で2点を追加。6回には亀井の右翼線2点三塁打やスクイズなどで計5点を加え、試合を決めた。

 1回戦でサレジオ学院に快勝した平塚湘風だが、日大藤沢の一発攻勢に沈み、苦しい展開に。初回に1点、5回に2点を返した点差が大きすぎた。先発の松木が試合を作れなかったのが誤算だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月17日のニュース