“中の人”が明かす「スポニチ野球記者」裏話

[ 2015年7月17日 09:45 ]

フォロワー数8万5千人を突破した「スポニチ野球記者」のツイッター

 でん 10年5月にスタートしたスポニチのツイッター「スポニチ野球記者」。おかげさまで、フォロワーの数も8万5000人を突破しました。

 はる 継続は力なり、ですかね。感謝です。

 でん 5年を過ぎて、「スポニチ野球記者」についてあらためて紹介をしたいな、などと思っている次第で。

 はる 「中の人の」のつぶやき、ですか。

 でん うん。最近思うのは、新しくフォロワーになってくれる方は若者、女性が凄く多いな、ということ。そういう野球ファンの方が少しでもスポニチ本紙の紙面、そして公式ホームページ「スポニチアネックス」に興味を持ってもらえたら、と思って日々のつぶやきを頑張っております。

 はる 反響がダイレクトに分かるのもツイッターの強みですよね。

 でん 今月3日にセ・リーグ6球団がオール借金になった時、それを伝えたつぶやきは4000リツイートを突破した。もう、タイムラインが沸騰したような状態になったよ。

 はる ああ…。顔文字付きで「セKAI NO OWARI」とかつぶやいて、勝手に悦に入ってたやつね。

 でん …。いや、新聞の見出しじゃないけど、キャッチーなワードが必要かな、と思って…。あとはツイッターは140文字だから、いかに分かりやすく簡潔に書くかも凄い大事。

 はる で、調子に乗って余計なことをつぶやく、と。

 でん 少しでも「スポニチ野球記者」に親しみを持ってもらえたらと思って…。でも、あくまで野球のツイッターだからね。肝に銘じてます。

 はる その通り。

 でん 5年間で恒例のコーナーもできた。あすの誕生日を知らせる「あす誕!」に「スポニチ豆知識」「スポニチクイズ」…。特に豆知識は、打率や防御率の計算式を紹介したら大好評。読者の興味がこんなところにあるんだ、と再認識した。

 はる いかに情報を料理するか、ですかね。

 でん そう、いかに「スポニチ」を発信するか。これが大事。読者やフォロワーの方とキャッチボールしながら、スポニチをアピールしたいな。

 はる そういえば昔、44歳スポニチ独身記者という方がいましたけど?

 でん …。良く覚えてるなあ。中の人にも色々と事情はあるの!あ、ちなみに今もその人、まだ独身ですから…。

(構成・鈴木 勝巳) 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月17日のニュース