巨人・白石オーナー 原監督去就はシーズン後「後半戦の戦い見て」

[ 2015年7月17日 23:36 ]

<全セ・全パ>6回無死、勝ち越しの左越えソロ本塁打を放った阿部(右)をグータッチで迎える原監督

 巨人の白石興二郎オーナーは17日、今季が契約最終年の原辰徳監督の去就について「後半戦の戦いをしっかりわれわれが見た上で判断しないといけない。今、監督の采配とか責任をうんぬんする時期じゃない」と述べ、シーズン終了まで見守る考えを示した。

 前半戦は主力の故障や不調で打線の調子が上がらず、42勝43敗1分けの2位で折り返した。15日に原監督から報告を受け「巻き返しを図ってもらうために考えてもらいたいと注文はしておいた。監督の苦労はわれわれも理解している。不調の選手を抱えながらよくやってきたと思うよ」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月17日のニュース