昨夏代表の日大鶴ケ丘 今春王者・日大三と大一番 平常心で

[ 2015年7月17日 05:30 ]

日大鶴ケ丘の若生主将(左)と西田

第97回全国高校野球選手権西東京大会

 昨夏の優勝校・日大鶴ケ丘が、17日の4回戦で今春王者の日大三と激突する。

 萩生田(はぎうだ)博美監督は「このチームは明るさが全て。あすは意識しすぎず、普通の4回戦という気持ちで臨む」と平常心を一つの鍵とした。昨夏の甲子園を経験した西田は「甲子園の開会式は涙が出そうだった。凄く楽しい場所だとみんなに知ってほしい」と2年連続出場へ意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月17日のニュース