春府準Vの偕星学園 悲願へ7回コールド発進

[ 2015年7月17日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権大阪大会2回戦 偕星学園10―1岸和田

(7月16日 舞洲)
 春の府準優勝校・偕星学園が悲願の甲子園初出場へ順調なスタートを切った。

 10―1で岸和田に7回コールド勝ち。先発の姫野は6回を1失点で、バットでも2回に左中間にソロ本塁打を放つなど3安打3打点と投打で奮闘した。春は決勝で大阪桐蔭に敗れた。厳しい練習で鍛え上げてきた山本監督は「才能では大阪桐蔭や履正社に負けるが、甲子園は夢ではない」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月17日のニュース