キヨシDeNAになでしこパワー注入!20日始球式に大儀見登場へ

[ 2015年7月17日 07:10 ]

なでしこジャパンの大儀見

 セ・リーグ首位のDeNAの後半戦開幕戦となる20日のヤクルト戦(横浜)で、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のエースストライカーで、ドイツ・ボルフスブルクに所属する大儀見優季(28)が始球式を務める。

 なでしこジャパンの選手の始球式は球団初で、大儀見は「始球式の話を頂き、素直に“やってみたい”という気持ちが湧いてきました。選手、ファンの皆さんの活力に少しでもなれるよう、全力で臨みたい」と球団を通じてコメントを発表した。

 大儀見は先日、カナダで開催されたW杯に全7試合にスタメン出場し、2得点を挙げて準優勝に貢献した。地元・神奈川県の厚木市出身。球団は世界を舞台に活躍する「なでしこの点取り屋」に白羽の矢を立て、始球式のオファーを出した。

 DeNAは4連勝で借金を完済し、前半戦を優勝した98年以来17年ぶりに首位ターンした。同年以来の優勝を狙う後半戦に向け、なでしこパワーの注入は大きな励みになる。中畑監督も「後半戦のスタートを勢い良く切るために、ワールドクラスのパワーを持った選手が始球式に駆け付けてくれてうれしいね」と大歓迎。さらに、「なでしこジャパンの強さをうちの選手たちにも分けてもらえると良いね。もちろん、素晴らしい投球も期待しています!」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月17日のニュース