V使者だ!オリドラ1山崎福 開幕3戦目レオ斬り任せた

[ 2015年3月23日 05:30 ]

<オ・神>帽子を飛ばして力投する山崎福

オープン戦 オリックス3-0阪神

(3月22日 京セラD)
 まばゆいばかりの快投だ。今季から新しく着用される金色のサードユニホーム。身にまとったオリックスのドラフト1位・山崎福(明大)が輝きを放つ。オープン戦最後の登板で阪神相手に5回無安打無失点。許した走者は5回2死からの四球による1人だけだった。

 「真っすぐも変化球も低めに決まったし、リズムよく投げられた。自分らしい投球ができた」

 初の本拠・京セラドームでの登板。さらに2万人を超える観客が詰め掛け、マウンドでは「凄く緊張した」と顔がややこわばっていた。しかし、先頭の鳥谷を3球で三ゴロに打ち取ると、続く上本を空振り三振。テンポよく投げ、得意のカーブや伸びのある直球で打者を手玉に取った。

 キャンプを終えて2軍に降格した左腕は連日、股関節の柔軟性を高める練習や、投球の際の体重移動を意識した練習に取り組んだ。「真っすぐの質が良くなり、自分でも驚いている」。6回を2安打無失点だった前回12日の楽天戦(姫路)と合わせ、オープン戦2試合計11回で無失点。三塁すら踏ませなかった。

 エース金子や吉田一の先発陣が開幕に間に合わず、貴重な戦力として期待されている。森脇監督も「どの球種でもストライクが取れる」と評価。明言こそしなかったが山崎福は開幕ローテーション入りを確定させ、開幕3戦目の29日西武戦の先発が濃厚となった。

 舞台は西武プリンスドーム。埼玉県所沢市出身で「子供の頃によく行っていた」という思い出深い球場だ。当時、西武のエースだった松坂(現ソフトバンク)に憧れた。「投げ合えたらうれしい」。くしくもプロ入りと同時に、松坂も国内復帰した。「そんなに(プロは)甘くはない。もっと研究していきたい」。そう気を引き締めた22歳ルーキー。松坂と投げ合う日を夢見て、デビュー戦でも結果を残す。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年3月23日のニュース