ヤンキース先発5番手 日米野球にも来日した左腕が有力

[ 2015年2月16日 14:14 ]

ヤンキースのクリス・カプアーノ投手

 今季のヤンキース先発投手陣には田中、サバシア、ピネダ、そしてマーリンズから獲得したイオバルディがいるが、5番手の先発投手に関してはこれまでベテランから若手まで数名の候補が挙がっていた。そんな中、米メディアはクリス・カプアーノ投手(36)が先発ローテーションの最後の枠を勝ち取るのではないかと見ている。

 昨季7月にレッドソックスから移籍してきたカプアーノはヤンキースで12試合に先発登板して2勝を挙げ、防御率は4・25をマーク。オフには大リーグ選抜の一員として日米野球でもプレーした。

 メジャー通算10年で76勝を積み上げ、06年にはオールスターにも選出されている左腕に、キャッシュマンGMもローテーションを埋めてくれる存在と期待を寄せている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年2月16日のニュース