【黒田復帰会見 5】8年ぶりのカープ合流「不安しかないですね」

[ 2015年2月16日 16:37 ]

笑顔で広島復帰への思いを語る黒田

 Q.年明けからロスで自主トレをしてきたが、現在の体の状態は?

 A.う~ん…年相応よりは少し若いぐらい。練習に関しては、毎年メジャーに行く前のキャンプの練習と変わらず、体力づくりと肩づくりはいつもと同じようなペースでやってきましたけどね。

 Q.あすからチームに合流するが、期待と不安、どちらが大きい?
 A.不安しかないですね。

 Q.8年前とはチームのメンバーもガラッと変わっている。今のカープについての印象は?
 A.若い選手もたくさん主力となって戦っているチームだと思いますし、その中で僕がどういう役割でどういう立ち位置でどれだけチームに貢献できるかっていうのもまだ全然見当もつかないですけど、それはチームの中に入ってみて今後、自分の役割を作っていければいいかなと思っています。

 Q.前田健太投手は黒田投手と会うのにかなり緊張すると言っていましたが、どういった言葉をかけたいですか?

 A.言葉ですか?う~ん。どうですかね。彼ともそこまでたくさん話したこともないですし、当然素晴らしい投手というのは誰もが認めているところなので、今後、当然1年チームメートとして戦っていく中で僕なりに何か手助けできればいいかなと思いますし、彼に限らず、若い投手、若い選手がたくさんいるので、そういう選手たちの少しでも力になれればいいかなと思っています。

 Q.8年前はともにプレーしていた緒方選手が、緒方新監督となって指揮を執っている。8年前と違う立場でシーズンを戦うことについてはどうか。
 A.8年間、日本の野球から離れていたので打者に関しても全然データもない打者もたくさんいると思いますし、そういう意味ではこれからオープン戦を含めて自分の中で色々研究してやっていかないといけないかなと思っています。

 Q.緒方監督は黒田投手の復帰後初登板をマツダスタジアムで、と考えているようだが、そのイメージはもうできている?
 A.う~ん…どうですかね。全然イメージはわかないです。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年2月16日のニュース