ヤクルト荒木チーム1号 “人生初”右翼に三塁も守った

[ 2015年2月16日 05:30 ]

<ヤクルト・韓国KIA>6回2死、荒木(中央)は左越えソロを放ち、ナインに迎えられる

練習試合 ヤクルト14―3韓国・KIA

(2月15日 浦添)
 ヤクルトの荒木が6回にチーム1号となる左越えソロを放った。

 「たまたまです。それよりもう1本安打を打ちたかった」。3回には先頭で四球を選んで出塁。常に進塁をうかがう姿勢に真中監督は「相手バッテリーに圧力をかけた」と評価。人生初の右翼に、6回からは三塁の守備にも就いた27歳は「試合に出たいのでいろいろなところを守っていくのが大事になる」と表情を引き締めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年2月16日のニュース