ソフトB松中 初実戦で2安打「悔いのない一日を過ごしたい」

[ 2015年2月16日 05:30 ]

紅白戦の8回1死、左前打を放つ松中。投手・嘉弥真

ソフトバンク紅白戦 白組1―0紅組

(2月15日 アイビー)
 ソフトバンク・松中が初実戦で3打数2安打と存在感を示した。

 紅白戦に白組の「5番・DH」で先発すると、第1打席では追い込まれながらも東浜の緩いカーブを中前打。第3打席でも左前へ運び、「結果も出たし、ファンの方に元気な姿を見せられて良かった」と笑みを浮かべた。昨季は33試合、3安打で2年連続の本塁打なし。41歳は「一年一年が勝負なので、悔いのない一日を過ごしたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月16日のニュース