平田ヘッド 西岡VS上本セカンド争い歓迎「レベル高い」

[ 2015年1月12日 08:40 ]

阪神の西岡

 阪神・平田勝男ヘッドコーチ(55)が11日、大阪市内で西岡と上本の二塁手争いについて言及。チーム内競争が激化することを歓迎した。

 「こんなにレベルの高い競争はない。すごく楽しみ」。12球団を見渡しても、1、2を争うハイレベルな一騎打ちだろう。鳥谷の残留が正式決定したことを受け、球団内で検討されていた西岡の中堅手への転向案は完全消滅。和田監督も「西岡は二塁手だろう。勝負を賭ける意気込みだと思う」との方向性を示し、昨季のレギュラー二塁手だった上本とポジションを奪い合うこととなった。

 すでに、平田ヘッドは西岡の自主トレを極秘で視察。右肘手術からのリハビリ中とはいえ、体の絞れ具合、軽快な動きに目を見張ったという。

 「(西岡)剛も並々ならぬ決意だろうしね。上本も望むところじゃないのかな」

 昨年は西岡の故障離脱があったが、ともに万全な状況で競い合うことになれば…。和田監督、平田ヘッドとも何ともぜいたくな悩みを抱えることになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月12日のニュース