地元で就職の2人が成人式司会進行の大役 将来を語る

[ 2015年1月12日 05:30 ]

記念撮影に納まる高田高野球部のOB

復興へのプレーボール 陸前高田市・高田高校野球部の1年

 梅田隼人さん、村上勇哉さんの2人も地元で就職。成人式ではともに式典の司会進行役を務めた。大船渡市内のホテルで調理師として働く梅田さんは「将来はこっち(陸前高田市)で自分の店を出したい。そのためには近い将来、関東に出て料理の修業をしたい」と意欲的。陸前高田市の建設会社で堤防の復旧工事などに従事する村上さんは「まずは前の状態に戻すこと。そこからプラスアルファです」と元気よく話していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月12日のニュース