オリオールズ17年ぶり突破!4番クルーズ ルース超えPS16号

[ 2014年10月7日 05:30 ]

<タイガース・オリオールズ>6回、2ランを放ったクルーズ(右)はジョーンズに迎えられる(AP)

ア・リーグ地区シリーズ第3戦 オリオールズ2―1タイガース

(10月5日 デトロイト)
 オリオールズが中地区4連覇のタイガースに3戦3勝で、17年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 今季両リーグ最多40本塁打の4番クルーズが0―0の6回に、プライスから右越え2ラン。ベーブ・ルースを抜いて歴代9位タイとなる、ポストシーズン通算16本目のアーチに、「シリーズ前に“3連勝できる”と言われても俺は信じなかったよ」。それでもチームの現状を「投手は野手を、野手は投手を信じ合っている」と表現した。

 チーム最後のリーグ制覇は1983年。85年のロイヤルズよりも遠ざかっている。4球団を率いてレギュラーシーズン通算1259勝を挙げているバック・ショーウォルター監督も、リーグ優勝は未経験。「最後に笑うのは1チームだけ」とさらなる高みを見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月7日のニュース