カージナルス 35歳ラッキー経験生かす 柳賢振と投げ合いへ

[ 2014年10月7日 05:30 ]

軽めのキャッチボールを行うラッキー(AP)

 ドジャースとの地区シリーズ第3戦で先発するカージナルスのラッキーは、本拠地ブッシュ・スタジアムで軽めのキャッチボールを行った。

 ポストシーズン通算20試合目の登板となる、経験豊富な35歳右腕は「特別なことをやれるチャンスがある。それを実践できればうれしい」と意欲を示した。ド軍は左腕の柳賢振(リュ・ヒョンジン)が先発。左肩の炎症で9月12日以来の登板となるが、「肩の状態はかなりいい。遠征先で投げることも気にならない」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月7日のニュース