阪神 和田監督続投方針 南社長 2位は「営業的にありがたいこと」

[ 2014年10月7日 19:00 ]

 阪神の南信男球団社長は7日、今季が3年契約最終年の和田豊監督の続投方針をあらためて示し「あとはオーナーにどこかのタイミングで正式に続投要請をやっていただかないと」と述べた。坂井信也オーナーはこれまで監督人事について「任しといてください」と話している。

 クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの本拠地開催が決まり、南社長は「営業的にありがたいこと。球団的にはよく頑張ってくれた」と指揮官をねぎらった。和田監督は「自分で決めることではないのでCSに向けて集中してやっていきたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月7日のニュース