タイミング狂わされた青木「難しい球に思わず手が…」

[ 2014年9月1日 14:56 ]

インディアンス戦の1回、三塁への内野安打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ―インディアンス

(8月31日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は初回に三塁内野安打で出塁し、先制のホームも踏んだ。だが、その後は変則気味の先発左腕ハウスにタイミングを狂わされ「サイドのような上からのような投げ方。三振も、難しい球に思わず手が出てしまった」と振り返った。8回1死三塁の好機では2番手ショーの前に二ゴロに倒れた。

 試合は延長10回に2点を勝ち越された後に降雨サスペンデッドゲームに。「次に迎える攻撃に最大限に集中して逆転したい」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月1日のニュース