和田監督 2人で7四球に怒「広い甲子園で逃げ倒していたらな」

[ 2014年9月1日 05:30 ]

<神・ヤ>4回、ピンチを迎えて汗を拭う岩貞

セ・リーグ 阪神2-4ヤクルト

(8月31日 甲子園)
 試合後の阪神・和田監督は怒り心頭だった。新人の岩貞と、鶴がそれぞれ押し出し四球を許すなど、2人合わせて7四球。強打のヤクルト打線が相手とはいえ「広い甲子園で逃げ倒していたらな。あんなに四球が出たら勝負にならない」と突き放した。

 初回。先発の岩貞は2四球などで満塁を背負うと、飯原に先制の2点適時打を許した。4回は押し出し四球。6回に四球絡みでピンチを招いたところで降板となり、「自分で勝手に強く警戒して力が入ってしまった」とうなだれた。救援した鶴も四球を連発して追加点を許した。

 4回の失点には、またも失策が絡んだ。3カード連続で負け越しで広島とは1.5ゲーム差。指揮官は「振り返ってもしょうがない。これから、これから」と切り替えようと必死だ。

 ▼阪神・ゴメス(7回に22号ソロでリーグトップに並ぶ91打点)。(小川は)制球のいい投手なので、積極的にいった。打点を挙げるのが自分の仕事と思って毎日やっている。何とか一番上に立てるようにしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月1日のニュース