菅野、捕手座らせ54球 由伸は2日修復術へ

[ 2014年9月1日 07:27 ]

捕手を座らせてブルペン投球を行う菅野

 右手中指の腱の炎症で2軍調整中の巨人・菅野が8月4日に出場選手登録を抹消されてから初めて捕手を座らせた状態でブルペン投球を行った。

 川崎市のジャイアンツ球場で全球種を交えて54球を投じ「変化球は思ったよりも良かった」。実戦復帰戦となる4日のイースタン・リーグ、ロッテ戦(ジャイアンツ球場)に向け「結果にこだわりたい」と意気込んだ。

 また「右手中指伸筋腱(しんきんけん)脱臼」で戦列を離れている高橋由は、2日に修復術を受けることが決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月1日のニュース