青木、5試合連続安打 試合は降雨サスペンデッドゲームに

[ 2014年9月1日 13:48 ]

インディアンス戦の1回、三塁への内野安打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ―インディアンス

(8月31日 カンザスシティー)
 米大リーグ、ロイヤルズの青木は31日(日本時間9月1日)、カンザスシティーでのインディアンス戦に「1番・右翼」で出場、初回に三塁への内野安打を放ち、5試合連続安打とした。試合は延長10回表終了後、降雨のためサスペンデッドゲームとなった。ロイヤルズは2―4とリードされている。続きは9月22日、敵地のクリーブランドで行われる。

 初回は内野安打で出塁し、先制のホームを踏んだ青木だが、3回の第2打席は中飛、6回の第3打席は空振り三振、1点を追う8回は1死三塁で二ゴロに倒れた。

 ▼青木の話 試合が途中でこういう終わり方をしたのは初めて。次に迎える攻撃に最大限に集中して逆転したい。(相手先発のハウスは)真っすぐとスライダーの見分けが難しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月1日のニュース