顔面骨折のチャプマンが復帰 今季初登板で164キロS

[ 2014年5月13日 05:30 ]

今季初登板でセーブを挙げたレッズのチャプマン

ナ・リーグ レッズ4―1ロッキーズ

(5月11日)
 3月のオープン戦で打球を受けて顔面を骨折したレッズ守護神のチャプマンが、ロッキーズ戦で今季初登板してセーブを挙げた。

 4―1の9回に救援。先頭に四球を与えたが、後続の3人を全て空振り三振に仕留めた。最速102マイル(約164キロ)をマークするなど、21球中15球で100マイル(約161キロ)以上を記録。キューバ出身の26歳左腕はスタンドから大きな拍手を浴び「戻ってこられてうれしいが、ファンの声援を聞いた時はもっとうれしかった」と喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月13日のニュース