元楽天マギーがメジャーで大活躍 日本帰りは出世の道

[ 2014年5月13日 10:25 ]

マーリンズの主軸として活躍するマギー
Photo By スポニチ

 「助っ人」と呼ばれる外国人選手にとって、日本は最後の働き場ではない。近年は日本経由で再びメジャーで活躍する選手も多い。昨季楽天の日本一に貢献し、今季からメジャーに復帰したケーシー・マギー内野手(31)は、現在マーリンズの4番として打率・307、リーグ7位タイの25打点をマークしている。日本仕込みの技術を習得して出戻りでメジャーで活躍する選手を特集する。

 4月下旬。遠征でニューヨークを訪れていたマギーにあるサプライズが待っていた。楽天の三木谷浩史オーナーが、ヤンキースの田中だけでなく、マギーのためにも昨季日本一の記念リングをホテルまで届けに来た。

 「忙しい三木谷さんがわざわざ自分のために時間を割いてくれた。最高級の気配り。全く予期していなかったから驚いたし、うれしかった。早速、家に持ち帰って飾らせてもらった」。日本一の興奮が再びよみがえった。

 マギーにとって、日本での経験は選手として成長する上でも大きなものだった。楽天で過ごした1年間を「今までの野球人生のハイライトだよ」とまで言い切る。来日前までは速球系に強い打者だったが、マーリンズでは変化球にも抜群の対応を見せている。

 4月15日のナショナルズ戦では2回2死満塁の好機で剛腕ストラスバーグの初球のカーブを左前へ運ぶ2点適時打を放った。その理由をこう説明する。「日本では投手がたくさん変化球を投げる。それに我慢強く対応しながら、速球が来たらしっかり打つ。そのアプローチを学んだ。以前はいつ変化球がくるかとナーバスになっていたからね。それが今は自信を持って変化球を待てる」。米国に戻ってからも楽天の田代打撃コーチと行っていた練習を続け「今でもタシロさんに教わったことを思い出すし、役に立っている」と感謝する。

 ▼楽天・田代打撃コーチ いつも彼の成績は気にしているよ。本当にナイスガイで、こちらが言ったことは真面目に実践する選手だった。ケージ裏ではいつも右肘と右膝の動きの確認をしていた。肘は自然に下に動かさないと、ボールに最短距離でバットを当てることができない。膝はバックスイングの前に入りすぎないように。彼の場合は前に入ると、スイングが窮屈になる。自分の名前を出してくれてうれしいね。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年5月13日のニュース