巨人主力が宮崎で始動 内海「近年まれに見るサバイバル」

[ 2014年1月28日 16:22 ]

ブルペンで投球する巨人・菅野

 巨人の主力選手による合同自主トレーニングが28日、キャンプ地の宮崎市で始まり、内海哲也、杉内俊哉、菅野智之ら主力投手がブルペンに入って感覚を確かめた。捕手を立たせたまま32球を投げた内海は「近年まれに見るサバイバルだと思っている。横一線からのスタート。負けないように頑張りたい」と意気込んだ。

 2年目の菅野は捕手を中腰にさせて34球、杉内は座らせて22球を投げ、それぞれ仕上がりの早さを見せつけた。杉内は「コンディションはことしの方がいい」と昨季と比べた手応えを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月28日のニュース