アンダーソン「日本でのプレー夢だった」 セドン「攻撃的に」

[ 2014年1月28日 20:10 ]

原監督を挟んでガッツポーズをする巨人のアンダーソン(左)とセドン

 巨人の新外国人2選手が28日、東京都内の球団事務所で入団記者会見を行い、アンダーソンは「日本でプレーすることを夢見ていた」と喜び、セドンは「フィールドの中では攻撃的に投げたい」と抱負を語った。

 同席した原監督はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)キューバ代表の経験を持つアンダーソンには中軸を打つ右翼手を、昨季の韓国プロ野球で最多勝を獲得したセドンには先発ローテーション入りを期待した。指揮官は「私が言った役割を全うしてくれればチーム力が上がる」と口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月28日のニュース