ブランコ「バルディリスと250打点」 バレ問題には…

[ 2014年1月28日 05:30 ]

来日し、今季50本塁打を宣言するDeNA・ブランコ

 昨季、打率.333、136打点で首位打者と打点王の2冠に輝いたDeNAのブランコが、成田空港着の航空機で来日した。

 母国のドミニカ共和国から18時間の長旅にも笑みを浮かべ「50本打って本塁打王になれたら。140打点で、(新加入した元オリックスの)バルディリスと250打点いけたらいいと思う」と力強く宣言した。

 昨季は41本塁打。自身初の3冠王を狙う上で大きな壁となるのが、昨季プロ野球新記録の60本塁打を放ったヤクルト・バレンティンだ。妻への監禁と暴行の疑いで逮捕され、来日が危ぶまれたライバルに対し「デリケートな問題だが、うまく解決できたら。彼みたいにレベルの高い選手と競争できるのは誇り。(勝つのは)非常に難しいと思うが、やってみないと分からない」と気合十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年1月28日のニュース