ドラ1岩貞、初ブルペンで納得20球「順調にきている」

[ 2014年1月28日 16:51 ]

初めてブルペンでピッチング練習をする岩貞

 阪神のドラフト1位左腕、岩貞(横浜商大)が28日、ことし初めてブルペンに入った。兵庫県西宮市の鳴尾浜球場での新人合同自主トレーニングで捕手を座らせたまま20球。カーブも交え「思ったよりは腕もきれいに振れていたと思う」と納得顔だった。

 今月中旬に体調を崩して一時離脱したため、キャンプは2軍中心の高知組でのスタート。「リリースもだいたいのところはうまくいっていた。体もできてきて順調にきていると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月28日のニュース