マーリンズのフェルナンデス リーグ初キューバ出身新人王

[ 2013年11月13日 06:00 ]

マーリンズのフェルナンデス

 大リーグの新人王が11日に発表され、ア・リーグはレイズで中軸を担ったマイヤーズ、ナ・リーグは12勝を挙げたマーリンズのフェルナンデスが受賞した。

 全米野球記者協会会員の投票で選出される同賞で、2位に47点の大差をつけたフェルナンデスは「この3日間、緊張であまり眠れなかった」と安どの表情。リーグ初となるキューバ出身選手の受賞となり、サイ・ヤング賞候補にも挙がる右腕は「野球のために家族と離れて米国に来るという決断は大変なことだった」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2013年11月13日のニュース