2年生部員が1年生に暴力 富山商に3カ月間の対外試合禁止処分

[ 2013年11月13日 06:00 ]

 日本学生野球協会は12日、審査室会議で高校など19件の処分を決め、2年生部員3人が1年生9人に暴力を振るった富山商を3カ月間の対外試合禁止処分とした。

 京都文教は部員の部内暴力といじめで6カ月間の対外試合禁止。日南学園(宮崎)の部長は部内暴力の報告遅れで6カ月間の謹慎となった。

 京都府高野連に登録している男性審判員(54)は、学生野球資格を回復していない元プロ選手がいる社会人チームの練習試合で審判員を無許可で務めたとして、3カ月間の謹慎処分を受けた。

 対外試合禁止処分を受けた高校の処分期間と理由は次の通り。

 学校名非公表 10月8日~来年4月7日=部員のわいせつ行為▽高知工 10月7日~11月6日=部員の部内暴力▽京都文教 10月22日~来年4月21日=部員の部内暴力、いじめ▽富山商 10月31日~来年1月30日=部員の部内暴力

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2013年11月13日のニュース