フランコナ監督「光栄」 2度世界一も意外な初受賞

[ 2013年11月13日 11:34 ]

米大リーグ最優秀監督賞発表

 インディアンスのフランコナ監督は、就任1年目での最優秀監督選出に「光栄だ。これはチームに関わったすべての人のもの」と静かに喜びを語った。

 昨年68勝94敗と大きく負け越したチームを立て直した。安定した先発ローテーションを確立し、進境著しいキプニスら主力打者の力を引き出した。92勝70敗でワイルドカード枠に滑り込んだ。

 2011年までレッドソックスを8年間、指揮。04年と松坂らを擁した07年の2度ワールドシリーズを制したが、これが初受賞だった。(共同)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2013年11月13日のニュース