森脇監督 マー君凄いけど「ボールにかみつくぐらいでなければ」

[ 2013年9月14日 06:00 ]

<楽・オ>6回、降板する八木(左)

パ・リーグ オリックス2-6楽天

(9月13日 Kスタ宮城)
 田中から2桁安打を放つ意地は見せたが、オリックスの森脇監督は「連敗を止めるには、あまりにも大きな壁」と認めざるを得なかった。

 2回の2死一、二塁では駿太が空振り三振。さらに5回の2死三塁の先制機を逃し、流れは一変。「2死三塁で安達が見逃し三振ではチームは動かない。ボールにかみつくぐらいでなければ」と指揮官は嘆いたが、石嶺打撃コーチは「全部が勝負球という感じ。コントロールも良く、四球もない」と脱帽するしかなかった。今季4度目の4連敗で借金はワーストを更新する12。巻き返しの雰囲気が出てこず、危機的状況になりつつある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月14日のニュース