大谷 1安打もプロ初失策…ファウルゾーンの飛球取り損ね

[ 2013年4月8日 06:00 ]

<日・ソ>5回、飛球を追って、スライディングする大谷だが…

パ・リーグ 日本ハム3―2ソフトバンク 

(4月7日 札幌D)
 日本ハム・中田の逆転3ランをベンチで見守った大谷が大きな刺激を受けた。「エース兼4番」を目指しているだけに「あそこで打てるのは凄い。自分もあんな打者を目指したい」と誓った。

 自身は「8番・右翼」でスタメンフル出場。2回の第1打席でチーム初安打となる中前打を放って3打数1安打も、9回2死から右翼ファウルゾーンへの飛球を捕り損ねてプロ初失策を記録した。「フェアゾーンでは落とさず、ファウルゾーンでもしっかり捕れるようにしたい」と反省。それでも試合前の円陣では「負けが続いているから、きょうは勝ちましょう」と1軍で初の声出し。その言葉通り、チームは白星とあって最後は笑顔だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月8日のニュース