史上初の快挙!アップトン兄弟 同点弾&サヨナラ弾

[ 2013年4月8日 06:00 ]

カブス戦の9回、サヨナラ本塁打を放ち、チームメートに祝福されるブレーブスのJ・アップトン

ナ・リーグ  ブレーブス6―5カブス

(4月6日 アトランタ)
 ブレーブスが、ともに今季から加入したアップトン兄弟のアベック弾で、劇的なサヨナラ勝利を飾った。

 1点を追う9回にまずは兄B・Jが中越えに1号。同点とすると、1死から弟ジャスティンが、この日2本目となる劇弾をバックスクリーン右に運んだ。同球団の兄弟が同一試合で本塁打を打つのは大リーグ史上25例目だが、記録専門会社エライアスによると、兄弟が同点弾とサヨナラ弾を同じ回に打つのは史上初。B・Jは「いい気分」とまくし立て、ジャスティンも「これまでで一番」と興奮を隠せなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月8日のニュース