亜大、逆転負けも収穫 大阪桐蔭出身・水本が2安打デビュー

[ 2013年4月8日 17:29 ]

東都大学野球春季リーグ第1週第1日 亜大4―6青学大

(4月8日 神宮)
 4連覇を狙う亜大がエースで開幕戦黒星。大黒柱の東浜(現ソフトバンク)の後を託された九里が6回に4点を失い逆転負け。生田監督は「九里はこれまで第1戦で投げていないし、プレッシャーがあったのでしょう」と話した。

 ただ、新戦力の活躍もあった。昨年の甲子園大会で春夏連覇した大阪桐蔭高で主将だった水本が「5番・左翼」で先発出場し三塁打など2安打。「落ち着いていたね」と指揮官は手応えを口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月8日のニュース