ジャイアンツ投手 111年ぶりの屈辱

[ 2013年4月8日 15:43 ]

 米大リーグ、ジャイアンツの先発右腕ケーンが7日、カージナルス戦の4回に9失点を喫した。記録専門会社「エライアス」によると、ジャイアンツの投手が1イニングに9点を失ったのは1902年以来、111年ぶりだという。

 ケーンは昨季、6月13日のアストロズ戦で達成した完全試合を含む16勝(5敗)を挙げるなどし、チームのワールドシリーズ制覇に貢献した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月8日のニュース