谷繁 ノムさんに並ぶ25年連続弾も…左太腿裏違和感で交代

[ 2013年4月8日 06:00 ]

<巨・中>2回1死、先制のソロ本塁打を放つ谷繁

セ・リーグ 中日6―8巨人

(4月7日 東京D)
 中日の谷繁にとっては「晴のち雨」の一戦となった。2回に新人から25年連続本塁打となる左越え1号ソロ。自身の持つプロ1年目からの連続本塁打記録を更新するとともに、25年連続は野村克也(元西武)に並ぶ史上最長記録となった。

 「僕はホームラン打者でもないし、勝ちたい、打ちたいと思ってシンプルにやってきたのが、積み重なっただけです」。ただ、右前打で出塁した4回の走塁中に左太腿裏に違和感を覚え、大事を取って交代。代わってマスクをかぶった田中が大量点を許したこともあり「ケガは大丈夫。途中交代したことが一番情けない」と笑顔はなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月8日のニュース