キャンプ地巡回シャトルバスが沖縄の足サポート

[ 2013年1月30日 09:14 ]

 沖縄県の「プロ野球キャンプ訪問観光促進事業発表会」が29日、都内のホテルで行われた。

 今年は過去最多タイとなる15球団(国内9球団、韓国6球団)が春季キャンプを開催。主要キャンプ地を巡回するシャトルバスを平日6便、休日は7便運行しファンの足をサポートする。

 また、那覇市の沖縄ポートホテル内に日程や当日の練習スケジュールを紹介する「ベースボールホテル」を設置。WBCに出場する侍ジャパンの写真やユニホームも展示される。イベントに参加した元巨人の駒田徳広氏は「選手と近い距離に行くことができる。WBCを控え、選手もチームもモチベーションが違う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース