大乱闘で8試合出場停止、放送禁止用語連発も…

[ 2013年1月30日 06:00 ]

 【モーガン荒くれ伝説】

 ☆氷上で格闘 96~00年はNHLを目指し、アイスホッケーリーグでプレー。反則が多く、3試合で合計15分間の退場時間が科されたことも。

 ☆球場でも大暴れ ナショナルズ時代の10年は8月25日フィリーズ戦でファンにボールを投げつけ7試合の出場停止処分。9月1日マーリンズ戦では死球が発端で4人の退場者を出す大乱闘を引き起こし、8試合の出場停止に。

 ☆挑発 ブルワーズ時代の11年には同地区のカージナルス戦でヒートアップ。9月8日の試合では敵軍のエース右腕カーペンターにかみたばこを投げつけ、乱闘に発展。ツイッター上では主砲プホルス(現エンゼルス)を挑発した。

 ☆別人格 試合では「トニー・プラッシュ」「T―ドット」などの別人格に変身。11年に地区シリーズを制した際には興奮のあまり、テレビカメラに向かって放送禁止用語を連発した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース