Aロッドら禁止薬物入手か 米紙が報道、クルーズも

[ 2013年1月30日 09:37 ]

 米大リーグ、ヤンキースのアレックス・ロドリゲス、レンジャーズのネルソン・クルーズら有力選手が禁止薬物を入手していたと、29日にマイアミ・ニュータイムズ紙(電子版)が報じた。同紙はアンチエイジングを専門とするマイアミのクリニックから入手していたとしているが、ロドリゲスは代理人を通じて報道を否定している。

 同紙が元従業員から入手した資料によると、クリニックの代表者が2009年以降、ヒト成長ホルモン(HGH)やステロイドを顧客に恒常的に提供。メルキー・カブレラ(ブルージェイズ)ジオ・ゴンザレス(ナショナルズ)バートロ・コローン(アスレチックス)ヤズマニ・グランダル(パドレス)ら大リーガー、キューバ出身のボクシングの強豪ユリオルキス・ガンボア、米国の男子テニス選手ウェイン・オデスニクらの名前も資料に記されている。

 ロドリゲスは過去に2001年から03年までの禁止薬物の使用は認めたが、その後の潔白を主張してきた。今回の報道が事実ならば、最近まで使用していたことになる。

 大リーグ機構は「選手と禁止薬物の関連を聞くたびに失望する。調査担当が積極的にこの問題に取り組んでいる」との声明を発表した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース