ジーター始動 ノックで55球「全て順調」

[ 2013年1月30日 06:00 ]

 昨年のア・リーグ優勝決定シリーズで左足首を骨折し、10月下旬に手術を受けたヤンキースのジーターが術後初めてグラウンドで練習した。

 フロリダ州タンパのマイナー施設で遊撃の守備に就き、打球を処理。ノックの数はくしくも元同僚で昨季限りで引退した盟友・松井秀喜氏の背番号と同じ55球だった。打撃ケージで打撃練習も行い「全て順調に進んでいる」とジーター。4月1日(日本時間同2日)のレッドソックスとの開幕戦出場に向けて本格的に動き始めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース