WBC優勝監督に米での応援要請へ 加藤コミッショナーが示唆

[ 2013年1月30日 19:35 ]

 プロ野球の加藤良三コミッショナーは30日、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表が米サンフランシスコで行われる準決勝に進んだ場合、過去2大会の優勝監督であるソフトバンクの王貞治球団会長、巨人の原辰徳監督に現地での応援を要請する意向を示した。

 2月の強化試合から代表チームを視察する予定の加藤コミッショナーは「私の気持ちの段階だが、事情の許す限り来ていただければ強力な応援団になる」と希望した。

 また加藤コミッショナーは、米大リーグ傘下マイナーとプロ野球2軍との交流試合実現などを目指し、米国に情報収集のための駐在事務所を開設したい考えを示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース