藤浪 入場曲はミスチル「PADDLE」

[ 2013年1月30日 06:00 ]

背番19のユニホームを着てキャッチボールをする藤浪

 阪神のドラフト1位・藤浪(大阪桐蔭)が本拠で登板する際に流す入場曲を「Mr.Children」の「PADDLE」に決めた。

 04年に発売されたアルバム「シフクノオト」に収録されたもので、曲名には「漕(こ)いで進んでいく」との意味があり、プロの世界に飛び込んで生き抜いていこうとする若武者にぴったりといえる。また、沖縄合同自主トレ3日目でルーキーは背番号と名前がプリントされた練習用Tシャツを着用も「(別に)こだわりはないですよ」と笑っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース