マー君100%宣言「初日からブルペン入ります」

[ 2013年1月30日 06:00 ]

自主トレを公開した田中はWBC公式球を使いブルペンで力のこもった球を投げ込む

 楽天の田中が、4年ぶりに「WBC調整」を敢行する。侍ジャパンの山本監督が沖縄・久米島キャンプを視察に訪れる2月1日に、ブルペンでいきなり捕手を座らせることを宣言した。

 「初日に入ります。座らせて。(山本監督の前で)力を入れたくなりますけど、でもそこは力を抜いて力まず投げますよ」。キャンプ初日に捕手を座らせるのは前回、WBCが行われた09年以来、4年ぶり。侍ジャパンのエースとして、早めに仕上げる姿勢を山本監督に見せることになる。

 この日はスパイクを履き、今オフ初めてブルペンに入った。WBC使用球で捕手を立たせての30球。「例年に比べれば肩、肘は投げられる状態」という。体重は昨季と同じ93キロをキープ。2月1日に、ライバル国を驚かせるような球を投げる準備は、もうできている。

 ▽田中の09年のキャンプ 2月1日のキャンプ初日で、いきなり捕手を座らせ88球を投げるスタート。その勢いで4日連続でブルペン入りすると、第2クール初日の6日にはフリー打撃にも登板するハイペース調整。12日の初の紅白戦でも先発し、2回を1安打無失点に抑えた。WBCキャンプでも、17日のシート打撃でイチローから空振り三振を奪うなど、打者10人から4奪三振で代表入りを当確させた。本大会では中継ぎで4試合に投げ、防御率3・86だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース