くせ者カブレラ不敵 最速は128キロ!?

[ 2013年1月30日 06:00 ]

 竜の新助っ人が元主砲へ宣戦布告だ。中日の新外国人選手の入団会見が29日、沖縄県恩納村のチーム宿舎で行われ、ダニエル・カブレラ投手(31=ダイヤモンドバックス3A)はDeNAに移籍したブランコ斬りを宣言。3月29日からの開幕カードでも対戦する同じドミニカ共和国出身の難敵を封じ、存在をアピールする。

 「彼とは同じ99年にプロ球団と契約したし、よく知っている。一緒の球団でプレーしたかったかって? 今は彼からアウトを取りたいだけだよ」

 メジャー通算48勝を誇る右腕は、2メートル3の長身から投げおろす直球が武器。オリオールズ時代の07年には危険球で退場となったことに逆上し、乱闘騒ぎを起こした“武闘派”だ。08年にはリーグ最多の18死球を記録し、強気の内角攻めも売り。故意に当てることはなくとも、ライバル球団に移籍したB砲の懐を容赦なく攻める意気込みだ。

 ただ、自身の特長については「シーズンに入ればわかるさ」とけむに巻いた。全盛期は160キロを超えた直球の最速を聞かれても「80マイル(約128キロ)だ」とおどけるくせ者ぶりを発揮。優等生が多いチームでは異色の存在になりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース