侍ジャパン背番号発表 マー君17、エースナンバー18は杉内

[ 2013年1月30日 10:37 ]

WBC日本代表候補選手の背番号が発表され、ユニホーム姿でポーズをとる(左から)巨人の長野、阿部、内海、坂本

 3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で大会3連覇を目指す侍ジャパンの背番号が30日に発表され、エースとして期待される楽天・田中将大投手(24)は「17」に決まった。球団で背負っているエースナンバー「18」は巨人・杉内俊哉投手(32)がつける。

 山本浩二監督(66)から主将に指名されている巨人・阿部は「10」に決定。所属球団で「18」を背負う涌井(西武)は11、前田健(広島)は20に決まった。野手では鳥谷(阪神)が1、井端(中日)が3、坂本(巨人)が6、糸井(オリックス)が9、中田(日本ハム)が13。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース