内海 児童書になる「エースの誇りと責任」

[ 2013年1月30日 06:00 ]

巨人・内海が取り上げられた児童書

 巨人・内海が、子供向けの絵本や書籍を刊行する「あかね書房」(本社・東京都千代田区)が2月下旬に発売する「野球 エースの誇りと責任」(全161ページ、税込み1470円)に取り上げられる。

 敦賀気比時代にチームメートの不祥事で甲子園出場を辞退し、プロ1年目も未勝利ながら球界を代表する投手となった左腕の姿を通して、子供たちに夢を持ち続けることの大切さを伝える。内海はこの日、宮崎での合同自主トレでブルペンで48球。「順調に来ている」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月30日のニュース