守道監督が直々に出迎え 中日新助っ人「びっくり」来日

[ 2013年1月27日 20:33 ]

新外国人選手のカブレラ投手(左)、クラーク内野手(右)を出迎えた中日の高木監督

 中日の高木守道監督が27日、中部国際空港に到着した新外国人選手らを直々に出迎えた。指揮官は「何も予定がなかったし、来るって聞いたんでね」と異例ともいえる出迎えについて説明したが、今季に懸ける意気込みを示した。

 来日したのは今季から加入したクラーク内野手、ブラッドリー、カブレラ両投手に、2年目のディアス外野手。昨季米大リーグ、パドレス傘下のマイナー3Aで22本塁打したクラークは監督の印象を「とてもいい方」と語り、「長打力が持ち味なので、本塁打を打って打点を稼ぎたい」と力強く抱負を話した。

 ネルソン、ソト、ソーサが抜けた投手陣で活躍が期待されるブラッドリーも「(出迎えは)とてもびっくりしたし、うれしい」と感激した面持ちだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年1月27日のニュース