阪神新助っ人コンラッド「ライバル巨人倒す」「甲子園は神聖」

[ 2013年1月27日 18:49 ]

来日し、自筆の名前を披露する阪神の新外国人、ブルックス・コンラッド内野手

 阪神の新外国人、ブルックス・コンラッド内野手(33)が27日、関西空港に来日し「阪神ファンは日本一で甲子園は神聖な球場だと聞いている。去年は残念な結果だったようだが、毎日全力でプレーして優勝に貢献したい」と抱負を語った。

 両打ちの中距離打者は「ライバルの巨人を倒したい」と繰り返し、すでに巨人の投手の映像を何度も見て研究していることを明かした。

 マートンとは2008年に米大リーグ、アスレチックス傘下のチームで同僚だったといい「これからキャンプでいろいろ教えてもらいたい」と人懐っこい笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年1月27日のニュース