大リーグがルール改定 プレート踏んで三塁偽投はボークに

[ 2013年1月27日 06:00 ]

 AP通信は25日、大リーグ機構(MLB)がけん制球に関するルールを改定したと伝えた。

 走者一、三塁で、投手がプレートを外さずに三塁へ偽投した後、一塁へけん制する動作は今季からボークとなる。プレートを外せば、三塁への偽投は可能。昨年から規則委員会がルール変更を要望し、今月上旬のオーナー会議で承認された。選手会は拒否してきたが、労使協定に基づき、MLB主導で変更が決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年1月27日のニュース