阪神・藤浪が沖縄入り 「自分を見失わないことが大事」

[ 2013年1月27日 18:54 ]

 阪神のドラフト1位ルーキー藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭)が27日、キャンプ地沖縄に入った。

 球団の高校出新人では異例の1軍スタート。開幕先発陣入りを狙う大型右腕は、フィーバーも予想される宜野座でのキャンプへ向け「自分を見失わないことが大事」と落ち着いた表情で話した。

 出発前には兵庫県西宮市の鳴尾浜球場でキャッチボールやノックなどで軽めに練習した。「ここまでケガなく乗り越えられたし、体も動くようになってきた」と充実ぶりを強調。沖縄は暖かいだけに「飛ばし過ぎに気を付けたい」と気を引き締めることも忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年1月27日のニュース