岩村「試合に出られるなら」…プロ17年目の一塁挑戦

[ 2013年1月27日 06:00 ]

ヤクルト・岩村は少年たちの前でバッティングを披露する

 7年ぶりに古巣復帰したヤクルト・岩村がプロ17年目で自身初の一塁手に挑戦する覚悟を示した。

 都内の新宿スポーツセンターで小学生約90人を対象に野球教室を開き、「試合に出られるなら内野はどこでもやる」と宣言。大リーグでは二塁に就いた経験があるが、日本では03年に外野で15試合に出場しただけで、それ以外の1042試合は三塁だった。すでに小川監督から一塁手の準備もするよう指示を受けており、キャンプにはファーストミットを持参する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年1月27日のニュース